日記(7月3日~7月7日)

 

7月3日

 

上野でクリムト展を見てきた。絵もだけど、この時期にこんな生活で精神状態でこの絵を描いたんだという人生が追えて楽しいね。

 

一緒に行ったひとがお酒を飲まないひとだから珈琲をガブ飲みした。帰りにデルフィニウムという花をもらった。もらってばかりだと悪いと思ったけどポケットを探っても煙草しかなかった。煙草はいらないと言われた。わたしは何も差しだすものを持っていない。ヘッセの『シッダー・ルタ』でこんな言葉があったような記憶がある。

 

モーパッサン『脂肪の塊』を読んだ。すごく良かったので、これはおすすめです。

 

7月4日

 

引っ越すから大きな本を売りにいった。詩集ふたつで800円になってすごいなと思った。画集はほとんどお金にならなくて不思議だった。

 

西荻窪に行った。ふらふらしていたらおじさんに声をかけられて、お酒を奢ってくれた。ただよりうまいお酒はないし、西荻窪はいい町だね。

 

転職の都合で、中央線沿いを離れてしまうのが寂しい。来月までに中央線沿いで行きたいところがあるひとは誘ってください。

 

村上龍の『空港にて』を読んだ。

 

7月6日

 

いま手をつけている長編小説を書き進めた。なんだか登山みたいだね。誰の賞賛も期待できず、ひとりで黙々と、高みを目指して書き続ける。新人賞があるからそれに送ってみようかな。

 

ひとに荷物を預けていたら新宿のゴールデン街で終電を逃した。荷物といっても文庫本と栞だけなんだけど。結局朝までお酒を飲み続けていくらか奢ってもらった。ただよりうまいお酒はないね。

 

7月7日

 

家に着いたのが7時くらいで昼まで寝てしまった。

 

誰かに愛されたいと思って泣いてしまった。さみしいってよくないね。そういえば、インドでイエティの足跡が発見されたというニュースが5月にあっていまのところ令和でいちばん良いニュースだと思っている。UMAの目撃情報などあったら教えてください。

 

短冊に「すべて優しい幻覚になりますように」と書いた。

 

永井均の『倫理とは何か』を読んだ。倫理とは何かが分かったとしても道徳的な人間になれるわけではないということに途中で気がついた。

日記(6月27日~7月2日)

 

 

6月27日

 

カフェオレばかり飲んでいるから血液がカフェインとミルクになっている。そういえば母親がカフェイン中毒だったから母乳にカフェインが含まれていたと思う。

 

今回の日記、一度書いてすべて消えたから書き直していて、内容が薄くなってるけど許してほしい。たしかこの日にごく短い小説をふたつ書いたような気がする。

 

三田誠広いちご同盟」を読んだ。

 

6月28日

 

林芙美子の命日だった。明治から昭和にかけての作家で最も好きな作家のひとりだ。不幸も文章で美しいものになるとか、最低な人間でも筆を持てば輝けるとか、大事なことは彼女に教わった。

 

何もかも嫌になって失踪して新宿のビルの屋上でアルコールと精神薬で朦朧としながら「落ちれば楽になる」と幻聴が聴こえたりしていた時期に、寒空の下、林芙美子の『放浪記』を読んでもう少しだけ書いてみたいものがあると思った。文学に救われたなんて青くさい言葉だけど本当にそう感じている。

 

親からもらった大切な身体なのでかわいいタトゥーを彫ってもらった。なんだかんだで増えてきたからしばらくは我慢しようと思う。

 

6月30日

 

「真夜中のプール」という短い小説をツイッターに載せた。人生に疲れたお姉さんがプールでサメを眺めている小説です。疲れてぼんやりしたい時に読んでほしい。

 

蕎麦を茹でたあとに麺つゆを切らしていたことを思い出した。ドレッシングを何種類か試した。胡麻ドレッシングがよくて、ポン酢は最悪だった。イタリアンドレッシングも悪くはなかった。

 

宮古あずさ「ナースコール」を読んだ。

 

7月1日

 

長編小説をいま書いていて、長編ってしんどいなと思う。読んでほしいひとがいたから頑張っていたけど、その子にはもう読んでもらうことができなくなったから、いまは惰性で書いているようなところがある。

 

7月2日

 

吉祥寺のオデヲンで『スパイダーマン ファーフロムホーム』を観てきた。帰りにベローチェに寄ったら去年禁煙になったけどまた喫煙可に戻っていて3000回愛してるって叫んだ。(エンドゲームを観たひとには伝わります)

 

辺見庸の『自動起床装置』を読んだ。面白かった。村田喜代子の解説が見たことのないような形式でかなり良かった。

 

 

日記(6月24日~6月26日)

 

6月24日


お金がないね。この季節になると友達と缶ビール片手に散歩したりするのにちょうどいい気候で嬉しいな。


「海の見える」という小説をツイッターに載せた。優くて強いように見えてもぎりぎりのところで生きているひとがいてそういうひとに「無理しないで」とは言えなくて、かける言葉がどこにもなくて、そういう気持ちで書きました。直接的な表現ではないし、それが汲み取れなくて大丈夫だよ。自分で読み返してもあまりピンとこないし。ただ好きなように読んでほしい。この小説はこのひとに読んでほしいと思ったひとがいて、そのひとに読んでもらえてのでよかった。


引っ越しもするしすこしでもお金の足しにならないかと10枚くらい持っていたレコードを売りにいった。1000円程度にしかならなかった。当たり前だけど、自分の思い出とか大切にしてきたこととか関係なくて、クイーンのライブ盤だけがちょっと高く売れた。保存状態も悪かったし、値段に文句をつけるわけじゃなくて、ただ本当に悲しかったんだ。

デヴィッド・ボウイが死んだ日に『レッツ・ダンス』を聴いたこと、下北沢で好きな女の子とデートした時にのぞいたレコード屋Atoms for Peaceの新譜を見つけて「今の時代にレコードってトム・ヨークっぽいね」ってふたりで笑い合ったり(このレコードは綺麗だったのになぜか値段がつかなかった)、終電を逃した友達とビートルズの『サージェント・ペパーズ』を流して部屋で語り合ったり、そういう思い出がレコードにはいっぱい詰まっていた。

 

メスナー『ラインホルトメスナー 自伝』を読んだ。


6月25日


今年も上半期が終わるようなので2019上半期ベスト10冊をやります。とりあえず作品名と作者だけ羅列して、あとで作品についてすこし触れたブログを書こうかなと思っています。


・クリスティン・ヴァラ『ガブリエル・アンジェリコの恋』

アンデルセン『絵のない絵本』

堤中納言物語虫めづる姫君

・フリオ・リャマサーレス『黄色い雨』

・ファン・ルルフォ『燃える平原』

林芙美子『風琴と魚の町・清貧の書』

吉田加南子『波』

ジョン・アーヴィング『オウエンのために祈りを』

リルケ『若い詩人への手紙若い女性への手紙』

大江健三郎『死者の奢り・飼育』

 

串カツ田中に行った。キャンペーンで串カツがどれでも100円だった。平日の18時までハイボールが50円らしい。禁煙になってから絶対に許さないと思っていたけど完全に許した。だれか平日の昼間から開いてる串カツ田中ハイボール1000杯飲もうね。


6月26日

 

昨晩、睡眠薬を多めに飲んだら色々なひとに電話をかけて意味不明なことをずっと言っていて結局そのまま一睡もできず最悪な気分で1日をスタートさせたらフォロワーのひとに「私はあなたのおかげで家族やカウンセラーに自分の想いを話せるようになりました」と言われて泣いてしまった。

 

眠れなくて短い小説をみっつ書いた。

 

楽しいことがあった日も、悲しいことがあった日も、うまく眠れない日も、疲れきった日も、恋人ができた日も、恋人がいなくなった日も、自分は小説を書くよ。小説を書いていない自分は本当のカスだから。小説を書くことだけが自分の存在証明なんだ。元気でね。いつか君の元にも本になって届くといいな。

 

村上龍限りなく透明に近いブルー』を数年ぶりに再読した。

 

日記(6月20日~6月23日)

6月20日


結婚したいな。ずっとそう祈っている。結婚したら自殺したいとずっと言っているけど「自殺するひととは結婚できない」と結婚したいくらい好きだったひとに言われたことを思い出して、両立って難しいんだなと思った。


松任谷由実ルージュの伝言』を読んだ。30年くらい昔の松任谷由実のインタビューみたいなもので歌詞について語っていたりしてよかった。ユーミンと言えば「守ってあげたい/あなたを苦しめる全てのことから」なんて優しい歌詞を書いたひとが「メンヘラ?早く滅びておしまい!」とツイッターで呟いて炎上したの、いつ思い出してもめっちゃ面白いな。


6月21日


冷やし中華をつくった。


夢枕獏神々の山嶺(上・下)』を読んだ。いままで読んだアルペニスト関連の本でいちばん面白かった。総1000ページくらいで長いので興味ないひとは全然読まなくていいと思うけど、これ1冊で登山って何だろうというのがすこし分かったような気持ちになった。


眠れないから絵を描くことにした。キャンバスも絵の具もないから近々世界堂に行きたいな。数時間で1枚目を描き終えて、2枚目にひまわり畑の絵を描こうと思って書いている途中で黄色の絵の具がないことに気がついてひまわりを描けなくなった。

 

6月22日


海辺にかかる月みたいな感じの絵をツイッターに載せたのでよかったら見てみてください。タイの田舎町に行ってずっと海を眺めていたことがあって、その時の記憶を思い出して描いた。


「群青の潮」という詩をツイッターに載せた。詩は情景をイメージするのに不親切なところがあるから(自分の技量不足なだけかもしれないけど)そういうひとはカシワイさんというひとのイラストを見て合わせて詩を読んでみてください。何となくそういうイメージで描いたので。なんか、逆効果だったらごめんね。


角川の編集者の話す機会があって色々と話を訊いていたら純文学というか文学全般の出版って本当にいま傾斜なんだなと思って悲しくなった。悲しくなったぶん、たくさんお酒を飲んだ。久しぶりにツイキャスをして「天狗が河童を殺しているタトゥーを7ついれています」「何も分からないけどカレーパンはカレーでもパンでもないということは分かる」みたいな話をたくさんした。


小山田浩子『穴』を読んだ。面白かった。


6月23日


最近ほとんど眠れなくて、原因はベッドにあるような気がする。いままで気づいていなかったけど、うちのベットが岩より硬くて、床のほうがましだった。藁を撒いてそこで眠りたいな。ハンモックもいいな。


短い小説をいくつか書いた。あまり長期的な視野で物事を見ることが自分はできなくて、1年後に何か良いことがあるとしても興味を持てないところがあるから、新人賞に送るのあまりやっていなかったけど、長い小説を書いて送ろうかなという気持ちになってきた。


鶴見俊輔『もうろくの春』を読んだ。

日記(6月15日~6月19日)

6月15日


最近、何してるひと?と訊かれて「売れない詩人です」と答えている。へーって言われるけど内心なんだこいつと思われているんだろうな。看護師ですとかほとんど言わなくなった。


リルケ『若き詩人への手紙若き女性への手紙』を読んだ。若いうちは恋愛の詩は書かないほうがいい。みんな書いてるしどうせ同じようなものになるだけだから。みたいなことを言っていて本当にその通りだと思った。あと、短絡的に評価を得ようとするのは、浅ましいよ。みたいなことも言っていた。その通りだね。


6月16日


お笑いライブに行った。地下ライブだけど地下でずっと頑張っているひとたちが出演していていい地下ライブだった。地下ライブ本当に最高だよ、愛しているよ。


江國香織いわさきちひろ絵『パンプルムース!』を読んだ。詩集というよりは、絵本のような本だった。いわさきちひろの淡さいいね。こういう灰汁のない水彩イラストっていわさきちひろじゃなくてもいま流行りそうだね。


6月17日


オーバードーズで気絶していた。気がついたら気を失ったまま30時間くらい経過していてびっくりした。


6月18日


過量服薬の余韻で引き続き気持ちが悪かった。


久しぶり映画を観た。『ダイナソーinL.A.』というFilmarksで評価1.8というなかなか見ない評価を受けているカス映画。カス映画たまに観たくなるから嬉しかった。おすすめのカス映画があるひと是非教えてください。


6月19日


オーバードーズを繰り返していた揺り戻しで、離脱症状がひどい。指が震えて変な汗をかく。あと焦燥感がいちばん辛い。


ジョンレノンの「Wild Turkey」を聴いた。確かヘロインの離脱症状についての歌だったと思う。なんか泣いちゃった。好きな曲だし現状と繋がるところがあって痺れちゃった。


白石かずこ『満月のランニング』を読んだ。

日記(6月10日~6月14日)

6月10日


江國香織『すみれの花の砂糖づけ』を読んだ。あまり生活感のある詩が好きじゃないのと、単純に江國香織はあまり詩が上手くないなと思った。


生活感の強い詩とあからさまな恋の詩が自分はかなり苦手だ。自分は抽象的なものや生活から遠いものが好きだからそういったものを書いているけど、いまの時代あまり流行らないよねとは思っている。


「詩を読んだことなかったけど輪湖さんの詩は好きです」と言われると嬉しい。文学にはひとを救ってくれると思っているから、色々なひとに自分をきっかけに文学に興味を持ってほしいな。


6月11日


ふと思ったけど、ポリアモリーは遠くないうちに自然になるというか流行りそうだね。ポリアモリーのこと初めてて概念を知ったとき乱行サークルをイメージしてしまったけど、かなり高尚な思想に近づき得るものだと思う。自分がポリアモリーになろうとは思わないけど。サルトルが「二人の愛は必然だ、しかし、作家なのだから偶然の愛も経験すべきではないか?」と言っていたけど、実存主義と非常に近いところにある気がする。


川上弘美の『竜宮』を読んだ。再読だけど(3回目)何度読んでもいいな。いちばん好きな短編集のひとつだよ。


6月12日


近所に夜遅くまでやっている図書館があって嬉しい。図書館から出たときに日が暮れている瞬間がすごく好きなんだ。あといつか、深夜の図書館に侵入してみたい。きっと素晴らしいと思う。「大事な瞬間を得るためには罪を犯すことも厭わない」という言葉、誰かが言っていた訳ではないけど、誰かが言っているような気がする。背中を押してくれ。


木坂涼『ある日に』を読んだ。面白かった。


6月13日


日光過敏だし疲れるだろうし自分が登山をするのことは一生ないと思うけどアルピニストについて興味があるから図書館で関連した本を読み漁っている。なんで登って降りてくることに命を掛けたり、わざわざ辛いコースを選んで登頂たりするのか分からないことが多くてすごく興味がある。


ブランコの散文を書いてツイッターに載せた。いい感じだった。


宮沢賢治井上文勝編『とし子抄』を読んだ。泣いちゃうな。宮沢賢治について書きたいこといっぱいあるから、いつかどこかで書きたいな。


6月14日


「生まれ変わり」という小説を書いて載せた。自分の小説好きだし、もっと多くのひとに読んでほしいな。


長嶋有『猛スピードで母は』を読んだ。面白かった。

日記(6月1日~6月9日)

 

6月1日

 

虚空に色があるとしたらきっと青色だと思うんだ。そんなことを絵の具を見ながら思った。なんだか、詩的なことを言ってしまったね。数百円で買えるもののなかで絵の具いちばん贅沢だと思う。こんな綺麗なものが安く買えるのって嬉しくなる。

 

キャプテン・アメリカ 1』『アイアンマン2』『マイティ・ソー』を観た。今月末公開のスパイダーマンの新しい映画が楽しみだ。


開高健『眼ある花々』を読んだ。インドネシア語は同じ単語を繰り返すと複数形になるという知見を得た。日本語で説明すると、犬犬と言ったら犬たちとなるらしい。面白いね。


6月2日

 

知り合いのおじさんがむかしチャックベリーのライブに行ったことがあるという話をしていた。弦が切れてもチューニングが合っていなくても、気にせず適当に演奏して、そそくさと帰っていって衝撃だったと言っていた。適当すぎるひとって笑っちゃうね。


ゴールデンスランバー』『キャプテン・アメリカ 2』を観た。


大槻ケンヂ新興宗教オモイデ教』を読んだ。


6月3日

 

そろそろ梅雨が来て紫陽花が咲きはじめるのかな。あまり理由をうまく言語化できないけど紫陽花ってそんなに好きじゃないな。


蕎麦のことをずっと考えていた。青葱や茗荷、刻んだ大葉を蕎麦に乗せているところを想像していたら、幸せのかけらに触れているような気分になった。帰り道にちょっといい蕎麦をスーパーで買って食べた。むかし蕎麦に鰹を乗せてたべたことがあるけど、あれ美味しかったな。


星新一『ボッコちゃん』を読んだ。


6月4日

 

ずっと古民家に住むことに憧れていたけど、不動産の仕事をしているひとが「トラブルが多いからやめたほうがいいよ」と言っていた。詳しいことを話していたけど、ショックすぎてその後の記憶がない。いつか古民家に住みたいな。


大江健三郎『死者の奢り・飼育』を読んだ。面白かった。


6月5日

 

自分の身体はすごく単純にできているからエナジードリンクを飲むとずっと走り続けるし脳も冴えるし眠らなくても平気だし足がジェットになって空を飛んでいく。東京から離れてジェットで広島か高知に行きたいな。


アイアンマン3』『マイティ・ソー ダークワールド』を観た。

 

最近マッチョが観るような映画ばっかり観ている。なんか暗くなるような映画ばかり観ていても仕方ないような気持ちになってしまった。ワイルド・スピードの新しい映画も楽しみだ。


6月6日


悲しいことがあったけど悲しすぎてほとんど記憶がない。

 

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『インクレディブル・ハルク』を観た。リヴ・タイラーが友達の彼女に似ているな〜と思って観ていたらすぐ終わっていた。


6月7日

 

ゴスロリの服って信念とか哲学とか詰まっていそうですごく憧れるな。思想とか哲学とかそういうもの好きだ。ゴスロリの識者がいたら訊いてみたい話がいっぱいある。すごく太ったひとがゴスロリが似合うのって何だろうね。かっこいいよね。


下妻物語』『マイティ・ソーバトルロイヤル』を観た。


村上龍『ニューヨーク・シティ・マラソン』を読んだ。面白かった。村上龍の初期の作品はどれも好きだけど、後期の作品はたまに首をひねるものがある。山田詠美はある時期まで村上龍を尊敬していたと思う。でも、予想だけどある時から村上龍そんなに好きじゃなくなったんじゃないかな。そして、山田詠美も年齢を重ねて変わったね。正直、いまのふたりを自分は好きになれないな。


リアルタイムでは聴いていないけど、松本人志の「放送室」という昔のラジオを一時期よく聴いていた。ある回で「あの芸人はつまらなくなったとか世間のひとはよく言うけど、同じ人間なんだからそこまで変わることはない」と言っていたのが印象的でずっと信じていた。でもいまの松本人志どうなんだろう。変わってしまったのか、変わるべきだったのかよく分からないけど、同じ人間なのにあんなになっちゃうの悲しいな。


人間が変わっていくことは自然なことだけど期待してがっかりしたくないと思ってしまう。勝手なことだけど。


そういえば、前に文芸春秋綿矢りさ金原ひとみの対談が載っていて、綿矢りさが「いまの若いひとは潔癖な小説ばかりで違和感を覚える。私たちの頃はもっと面白かった。」みたいなことを言っていて、それに金原ひとみも同調していて、最悪な気分になった。正直、いま綿矢りさが書いているもの読めたものじゃないなと思うし、全てのチューニングが合っていなくて恥ずかしいよ。なんであんな素晴らしい小説を書けたひとがこんなにダサくなっちゃうの。


なんか愚痴を書いたら長くなってしまった。最近の日記、愚痴とか悲しい話ばかりでだめだね。


6月8日

 

ドクター・ジョンが死んだらしいね。古いブルースに興味を持つきっかけになったひとだから悲しかった。アイコの話をしているひとがいたから「Iko Iko」の話かと思ったらaikoがアルバムを出すという話だった。


引っ越し先の物件を探さなきゃいけなかったけど面倒になってゴールデン街でベロベロに酔っ払ってしまった。物件に詳しいひと助けてください。


本谷有希子異類婚姻譚』を読んだ。

 

6月9日


長い雨が降っていた。一日のほとんどをベランダで過ごした。


最近ほとんど眠れないのに頭は冴えているから、本を読むか映画を観るかばかりしている。1日に24時間も必要ないし人生は長すぎるよね。自分がいつまで生きるのか想像すると怖くなった。


ブラックパンサー』を観た。時系列がめちゃくちゃだけどようやくキャプテンマーベル以外のMCU作品を全部観ることができた。マーベルって最高だね。